auひかりのスマートバリューは本当にお得なのか

auひかりのスマートバリューは本当にお得なのかauひかりのスマートバリューは本当にお得なのか

auひかり・auスマートバリューはお得な料金プランなのか調べました。

論理的には早いauひかり回線が安定しない

論理的には早いauひかり回線が安定しない一つの理由として、auひかり回線は、隣近所の住宅やマンションの中などで回線を分配しているため、使う量が多い人がいるところでは遅くなるケースがあります。


使用する人が多い週末や夜などの時間帯にとりわけ遅くなり、安定しないケースはこれが理由かもしれません。

インターネットを用いる場合に、選択したプロバイダによって通信速度には差異が出てくるという結果が観察されます。



プロバイダを適正に比べるということは、なかなか難しいというのが実情と感じます。ネットのレビューを見て判断するしかないので、私は顧客満足度ナンバーワンのプロバイダを選択しています。auひかりだとしても、期間の途中でやめる場合に、契約違反金が発生するのでしょうか気になります。



これは、auひかり社との契約時点のプランによって変わってくるようです。

契約内容により2年未満か3年未満の解約で9500円の解約金が発生します。


契約をする時には、気を付けてプランを選んだ方がよさそうです。

フレッツの通信速度が遅い理由として、最初に思い浮かぶのは、少しの間だけネットワークが込み合っていたり、見ようとしているサイトへのアクセスが集まっていたりという点です。その理由で、ちょっとの間だけ遅いだけなら、しばらく待っていれば改善することかもしれません。ここのところ、auひかり回線業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、auひかり回線に関連した契約トラブルが多くなっています。この事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができるauひかり回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明白にしました。
今、使用している携帯の2年縛りの契約が終了したら、次をどうするか考えています。


ワイモバイルというものを知りインターネットにて調べているのですが、下取りキャンペーンというのがあることを、確認したのです。

下取りのお金がかなり気になります。

お金次第では、下取りに出してもいいと思います。

NTTの光ファイバーを用いた回線であるフレッツ光は、名の知れたNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度も良質なサービスを提案しています。別のauひかり代理店も価格などで競争しており、大規模な差がなくなってきていますが、シニア世代の方たちからするとNTTが確かだと思う人が多数派だと思います。

wimaxを申し込みするにあたって不安に感じたのは、回線の早さでした。


無線となっているので、自分が住む状況にかなり影響されるのはないという思いがあったからです。
正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度確認が可能でした。十分な早さだったので、直ちに契約しました。auひかりはどんなに少なくても毎月維持費が3000円程度必要になってきますが、何台か持っている場合には、なんと500円割引になります。プラスαとして、契約事務手数料や解約金が必要なかったりと、二台目以降がお得になるメリットがあります。

なので、この先は、au、docomo、softbankに代わって、どんどん普及していくと思われます。


引っ越す場合や速度の問題などでインターネット回線を変える際や新規で回線を申し込む際は、キャンペーンの最中に申し込むと得します。おなじみのフレッツもキャンペーンを沢山やっていますので、頻繁にチェックして探しておくとよいのではないでしょうか。

auひかりの賢い申込み方法についてはこちらから

NNコミュニケーションズはコチラから

先頭へ
Copyright (C) 2014 auひかりのスマートバリューは本当にお得なのか All Rights Reserved.